2017年09月21日

子供の目をダメにしてしまうダメな親

高齢化する日本では、子どもの数は、減る一方です。にもかかわらず、眼科医にくる子供の数は、ここ数年激増しています。

10年前の、4倍にはふえているでしょう。それを見るにつけ残念なのは「大人でさえ回復する力を秘めているのですから、もっともっとよくなる可能性の高い子どもたちに、すぐにメガネをかけさせないでほしい」ということです。小学生低学年のうちから牛乳瓶の底の厚さほどもあるめがねをかけている子供が急増しています。

近年、子どもの視力が落ちている大きな原因に、長時間にわたるゲーム機の使用や、栄養価の低い食事内容があります。子どもは、自分でどういう生活をするか選ぶことができません。

子どもの目を守るのは、親の責任です。親が気をつけてやれば、小学生で視力がガクッと落ちることはまずないのです。

一番気をつけてほしいのは、長時間にわたるテレビやゲーム機の使用、最近は、スマホ、PCの操作です。テレビを観せ、ゲームをさせておけば、おとなしくて手間がかからないとばかりに、時間を制限せずに子どもの好きなようにさせている親が目立ちます。

2つめに気になるのは、栄養不足です。菓子パンやファストフードばかり与え、野菜をめったに食べさせない親が大勢います。

3つめが、照明。机の片側にライトをつけているため、片目だけ視力が落ちている子もいます。4つめが、姿勢の悪さによる酸欠。ねこ背で肺が圧迫され、酸素不足になってる子もいます。

外をかけ回って、よく体を動かしているから、まさか血流が悪くなっているとは思わない人が多いのですが、姿勢の影響を甘く見すぎています。ねこ背だと通うんでい常の5分の1しか酸素がとり込めません。蓄積されれば、雲泥の差がつくのです。

子どもにいくら、「毎日、目がよくなるトレーニングをしなさい」といっても、なかなか実行できないものです。

そんなときは、子どもが寝たあとに、親が目のまわりのマッサージをしてあげたり、ホットタオルを乗せてあげたりしてやればいいでしょう。

これで全然、結果が違ってきます。さて、ここまで見てきて、すべては酸欠が原因だと十分おわかりいただけたと思います。

酸素が足りていないと、目が悪くなるうえに頭がボーッとする、疲れやすくなる、あらゆる病気に息りやすくなるなど、体のあらゆる機能が衰えます。では、目に酸素をたっぷり供給するには、どうしたらいいのか?
それには、この2つが重要です。
  • 目と深くかかわる「内臓を鍛える」こと
  • 目の周辺の「血流をよくする」こと
です。

アサイーベリーが眼に効く
http://blog.livedoor.jp/zyunwahuu-asai/



posted by アサイーベリー at 18:55 | Comment(0) | 酸素不足
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: